HOME » 頼む前に知っておきたい訪問歯科診療のQ&A » 訪問歯科を受けられる人・受けられない人 

訪問歯科を受けられる人・受けられない人 

訪問歯科を受けられる人・受けられない人について、疑問に思うことの多い事柄を質問形式でご紹介していきます。

訪問歯科を受けられる人・受けられない人とは?

訪問歯科は、自宅に歯科医が来てくれて大変便利なサービスでありますが、どんな人が対象になるのか、誰でも利用できるのかなど、利用に際して迷うことも多いでしょう。 このページでは、訪問歯科が受けられる人・受けられない人について多く寄せられる質問についてお答えしていきます。

ただ、歯科医院によっては条件が異なる場合もありますので、詳細については最寄りの歯科医院に直接問い合わせるようにしてください。

訪問歯科を利用できるかどうかに関する質問と答え

訪問歯科を受けられるのはどんな人?

基本的に、訪問歯科を受けられるのは、ひとりで歯科医院へ通院するのが難しい人が対象になります。 具体的には、介護認定を受けている人や身体に障害がある人、車いすを利用している人、足腰が悪くて歩行が困難な人などが対象になります。ほかにも、脳梗塞やリウマチ、パーキンソン病などの疾患によって療養中の方やリハビリ中の方で通院が困難な場合も対象になります。

必ずしも介護認定を受けていなくても、歯科医が通院困難だと判断すれば訪問歯科の診療を受けることができますので、まずは利用できるかどうか相談してみましょう。

通院が可能な人は訪問歯科を利用できる?

歩行困難などの症状がなく、自分で歯科医院に通院できる人は訪問歯科の対象にはなりません。通院が可能でありながら、通院するのが面倒、通う時間がないといった理由で訪問歯科を呼ぶことはできません。

寝たきりの状態でも訪問歯科は受けられる?

訪問歯科の診療は、寝たきりの方が寝たままの状態で診療や治療を受けることが可能ですので、寝たきりの方でも気兼ねなく依頼できます。ただ、状況によっては可能な治療の範囲が限られてしまうこともありますが、患者さんの負担にならない範囲で治療を受けることができます。 また、車いすを使用している人は、車いすに座ったままで治療を受けることも可能です。

認知症でも訪問歯科の治療は可能?

訪問歯科の経験がある歯科医ならば、認知症の方でも多くの診療実績があるので、問題なく診療を受けられます。どのような症状があるのか、心配なことはないかなど、事前に相談しておけば問題なく治療を受けられるでしょう。

要介護認定を受けていなくても来てもらえる?

訪問歯科の診療は要介護認定は関係ないので、認定を受けていない人でも診療を受けることができます。ただ、対象になるかどうかは歯科医の判断にゆだねられますので、まずは電話やメールなどから相談してみてください。

訪問歯科で自費治療を受けることはできる?

基本的には保険診療の範囲内での治療となりますが、自費治療が必要な場合は訪問歯科での治療も可能です。診療に使用する機器やレントゲンの機械なども持参してくれるので、歯科医に通うのと変わらない治療を受けることができますが、出血を伴うような治療やマイクロスコープなどの特殊な機器を必要とする治療は対応していないこともあります。

入れ歯の調整や歯の検診だけでも来てもらえるの?

訪問歯科は無料の歯科検診や、入れ歯の調整だけでも来てもらって診療を受けることができます。入れ歯の説明や、治療が必要かどうかの相談だけでも来てもらうことができますので、特に虫歯がなく治療が必要でない場合にも気軽に依頼してみてください。治療期間や治療内容、費用などを説明してもらって、納得してから治療を開始できます。 ほかにも、口腔ケアや栄養指導、誤嚥の予防などにも対応してもらえます。

緊急時にすぐに来てもらうことはできる?

基本的には予約を入れてから来てもらうことになりますが、歯が痛くて我慢できない場合や緊急の場合にはできるだけ早く対応してもらうことができます。しかし、診療時間外の深夜や歯科医院の休診日は対応してもらえませんので、不安がある場合は早めに予約をしておいたほうがいいでしょう。希望の日時に予約がいっぱいの場合は数日待つこともあります。

施設に入っている人や病院に入院している人でも診療可能?

訪問歯科は自宅に来てもらうだけでなく、外部の施設に来てもらうことも可能で、施設や老人ホームに入所している人や、病院に入院している人でも、訪問歯科の診療を受けることはできます。歯科医が直接、施設のスタッフや病院の医師や看護師さんなどと連携を取りながら治療を開始してもらえますので、不安なこともありません。

デイサービス中に訪問歯科に来てもらうことはできるの?

デイサービスの間は介護保険との兼ね合いがあるため、訪問歯科による診療を受けることはできません。デイサービスが終了してから診療を受けることは可能です。

駐車場がない家でも来てもらえるの?

訪問歯科は基本的に車で移動して来てもらうことになりますが、ご自宅に駐車場がない場合は、近隣のコインパーキングなどに駐車して訪問してもらうことになります。 ただ、各歯科医院の対応エリアでないと対応してもらえませんので、なるべく近隣の歯科医院に依頼したほうがいいでしょう。歯科医によっては、訪問用の車両の中で診療を受けることが可能なこともあります。

生活保護を受けている人も治療してもらえる?

生活保護を受けている人も訪問歯科の対象になります。社会福祉事務所から給付されている医療券と介護券を用意しておけば、無料で治療してもらえます。

訪問歯科に家族の付き添いは必要?

訪問歯科では自宅や施設で家族の方が付き添うこともできますし、治療中には必ず付き添いが必要と言うわけではありません。ただ、患者さんの状態によっては付き添いが必要になる場合もあります。家族の方に心配事がある場合は事前に相談するようにしてください。

訪問歯科は通院が困難な人のためのもの

疑問が解消されない場合は直接歯科医院に問い合わせを

訪問歯科でよくある質問についてご紹介してきましたが、疑問は解消されましたでしょうか?

訪問歯科は、歯科医院に通院するのが困難な人のためのサービスですので、いくら便利だからと言って問題なく通院できる人が利用することはできません。 ただ、要介護認定や疾病の特定など、明確な線引きはなく、通院困難かどうかは歯科医によって判断されますので、利用できるかどうかは直接利用する訪問歯科の医院に問い合わせることが確実です。

まずは医院を探して相談から始めてみよう

訪問歯科を利用したいと思ったら、ご自宅や利用している施設、入院している病院が対応となるエリアの訪問歯科を行っている医院を探し、電話やメールフォームなどから相談してみることから始めてみましょう。

予約はお早めに

歯科医院によっては予約がいっぱいですぐに来てもらえないこともありますので、都合の良い日時を伝えて予約を取ったり、症状を伝えることが重要です。 歯の痛みは強くなると我慢するのもつらくなりますので、ギリギリになるまで放っておかずに早めに相談しましょう。

また、口腔内にトラブルがあると誤嚥によって肺炎を起こすこともあるので、そういった心配事も気軽に相談してみてください。