診療料金は?

訪問歯科は、家に歯科医師を呼んで様々な治療をしてもらうため、かなり高額になると考えている方も多いです。しかし、実際は健康保険や介護保険が適用されるので、通常の歯科受診と大差ない金額しか発生しません。生活保護でも問題なく利用する事ができます。

自宅訪問でも2,000円程度で受診可能

寝たきりでなかなか上手く歯を磨けない、歯の痛みを訴えている、入れ歯を使いたがらなくなった…という時こそ、訪問歯科を利用すべきなのですが、なんとなく「利用料金が高そう」と利用を懸念している方も多いのが現状。たしかに、医師が器具を持って家に来てくれるというのは特別感がありますよね。

しかし、実際は全てが医療保険や介護保険の対象になるため、自己負担額はかなり低くなります。

検査・治療費=医療保険が適用されます

検査・治療費の負担分です。こちらは歯科医院に通って治療を受けるのとまったく同じ額を支払うことになります。

区分 概要 自己負担額
後期高齢者 75歳以上、もしくは65歳以上で障害認定をうけた方 1割
前期高齢者 70~74歳 2割
障害者/生活保護 障害手帳を持っている方/生活保護を受けている方 各市区町村の減免と同じ
一般・現役並所得者 70歳以下、もしくは70歳以上で現役並み収入のある方 3割

指導料=介護保険が適用されます

要介護度1以上の患者1名、自宅に来てもらう場合の値段。複数名の場合は50円程度安くなります。

  • 歯科医師による診療(月2回まで):1回503円
  • 歯科衛生士による診療(月4回まで):1回352円

歯科訪問診療料

  • 1人を診療する場合、診療時間20分以上=866点(1割負担の場合870円)
  • 1人を診療する場合、診療時間20分未満=143点(1割負担の場合140円)

その他

  • 急性対応=170点(1割負担の場合170円)
  • 訪補助=175点(1割負担の場合110円)
  • 歯科診療特別対応加算=175点(1割負担の場合180円)※歯科受診が極めて困難な場合

つまり、通常かかる検査治療費に加えて、指導料+訪問診療費がかかる仕組みになっています。

歯周病の治療や虫歯治療、入れ歯の調整など点数があまり高くない治療であれば、1,500~2,000円程度で済んでしまいます。3割負担でもこれぐらい掛かることはよくありますよね。

思っていたよりは対したプラス金額ではないな、というのがご理解いただけたでしょうか?

ちなみに、「お礼」は全く持って不要。交通費もほとんどの医院では請求されず、もしあったとしても小額で済むので予定外の出費の心配はいりません。

金額に臆せず、訪問歯科を積極的に利用して患者さんの「食べる楽しみ」を引き出してあげてくださいね。