HOME » 頼む前に知っておきたい訪問歯科診療のQ&A » 訪問歯科のメリットはどんなところ?

訪問歯科のメリットはどんなところ?

メリット1:通院する負担が減る

歯科治療は、一般的に患者さんが歯科医院まで直接足を運んで治療を受けるものとされてきましたが、要介護者や寝たきりの方からの治療需要が増えた現代では、訪問歯科診療というかたちで治療を受けることができます。

介護施設や自宅で寝たきりの状態であり、自力で起き上がるのが難しい、もしくは歩行が困難な場合でも、医療スタッフが定期的に訪問して必要な処置を施し、次へとつなげるため、患者さんが通院を行う手間がかかりません。

歯科医師や歯科衛生士がチームを組んで患者さんのもとに定期的に訪問をするため、いつでも口腔内を清潔な状態に保つことができます。

診療回数は患者さんの口腔内の状態や嚥下障害の有無などにより変わりますので、一度きりの施術ではないという点もポイント。

「以前治療を受けた場所がまた悪くなった」「歯や歯ぐきなど、気になる場所が新しく見つかった」というケースでも安心です。

また、入院中で通院が困難な場合でも、歯科治療が必要な場合は訪問歯科診療を受けることができます。

訪問診療は患者さんが何らかの理由で歯科医院に通院できない場合に限られますが、寝たきりになってしまってもしっかりとものが噛めるように、必要な処置が受けられるため、患者さんだけでなくご家族にとっても安心ですね。

メリット2:継続した治療が可能

訪問歯科診療は継続的に行われるという点が最大のメリットであり、特徴となります。

受診機会を患者さん側が逃さないということもポイントになりますが、医療スタッフ側で患者さんの口腔内の状態を随時チェックし、把握しているため、患者さんが意識することなく、その時々に合った治療を受けることが可能です。

従来の歯科治療では、患者さんが自ら気になる点を医師に伝えたり、ケアを受けるのが一般的ですが、訪問歯科診療の場合寝たきりの患者さんや、自分で口の中のトラブルを伝えられない患者さんを前提としているので、医療スタッフ側で万全なケア体制をとっています。

これは患者さんにとって安心というだけではなく、患者さんのご家族や介護をされている方、介護施設のスタッフさんにとっても安心ですね。

一度治療を受けた箇所も、定期的な診察によってチェックしてもらえるので、虫歯が再度発生してしまった場合や、治療を受けた箇所に何らかのトラブルが発生した場合でも、適切に処置が受けられます。

受診記録はカルテとして残されるので、長期的な訪問歯科診療が必要な場合でも問題なく、いつも口腔内を清潔にキープしておくことができますね。

メリット3:細やかなケアができる

訪問歯科診療では、要介護の患者さんや言葉がうまく伝えられない患者さんのことを考慮して、医療スタッフ側で口腔内の状態を細かく管理しています。

第三のメリットである細やかなケアとは、患者さんご自身はもちろん、患者さんのご家族へのヒアリングも行って、口の中や喉(嚥下)に関する問題を詳しくチェックしていきます。

以前治療を行った箇所についても、時間の経過とともにトラブルが再発する可能性を考慮し、口の中の状態はいつも清潔であるようにチェックを行います。

訪問歯科診療では一般的な歯科治療と同じく、患者さんへのオーダーメイド治療を第一としています。

口の中の状態はいつも同じではなく、患者さんによっては部分的に悪化したり、加齢にともなって歯や歯ぐきが弱るというケースもあるため、必要に応じて処置の内容を変更したり、専門的な処置を施すこともあります。

歯科医院へ通院する場合、予約の状況によっては中長期的に待ち時間が発生する可能性がありますが、訪問歯科診療では患者さんの在宅時間を考慮して、医療スタッフが定期的にスケジューリングを行って訪問するため、安心してオーダーメイド治療が受けられます。

患者さんごとの細やかなケア、スケジュールへの配慮などは、訪問歯科治療ならではのメリットといえますね。

メリット4:一人ひとりの体の状態を鑑みたケア

要介護の患者さんの場合、体が弱っており自力で嚥下などができないといったケースが少なくありません。

ものを噛む力も弱っている場合には、患者さんに応じてリハビリテーションや嚥下のトレーニングを行うなどして、自然に食べものを咀嚼・嚥下できるように手伝います。

患者さんの年齢や体の状態、既往症などによって治療の内容が異なるため、一度の診療では処置が完了しない場合がありますが、人に見られないといった安心感から、中長期的なケアにも安心して取り組めます。

患者さん自身が悩みをスタッフに相談できなくても、介護士や介護者、ご家族などからヒアリングを行うことで適切に口の中の状態を把握するため、体の状態を鑑みたケアが可能となっています。

場合によっては現場の介護士や介護者と協力しあってケアを進めるなど、歯科診療以外の部分でもケアを行うことがありますので、患者さんにとっては安心・安全に処置が受けられることがメリットとなります。

高齢者の誤嚥性肺炎を防ぐためにも、口腔ケアは重要

訪問歯科診療のメリットには、口腔内を清潔に保つことのほかにも、高齢者の死亡原因の一つに数えられている「誤嚥性肺炎」の予防も挙げられます。

誤嚥性肺炎とは、ものを飲み込む力が衰えるために、食道ではなく器官に食べものが入ってしまい、食べものの中に含まれる細菌が肺に到達してしまうというトラブルです。

口の中で細菌が繁殖していると、肺炎を発症するリスクがさらに高まるため、寝たきりの方や高齢の方は、訪問歯科治療を定期的に受診して、口の中を清潔に保つ必要があります。

誤嚥については確実にものを飲みこむ力が必要ですが、そのためには義歯などの調整が必要不可欠となります。

訪問歯科治療では義歯のアフターケアや新しい義歯の作成も患者さんの状態に合わせて行うため、固形の食事が楽しめるように万全のケアをもって臨みます。

誤嚥性肺炎は寝ている間に発症するケースも報告されており、食べものや飲みものを口にしない場合についても口腔内ケアはとても重要になります。

患者さんの口の中をきれいに保ち、だ液の分泌を活発にして、常に口の中が清潔で気持ちのよい状態にケアを施すことも、訪問歯科治療の役割の一つといえます。

介護保険が適応される訪問歯科を利用しましょう

訪問歯科診療は患者さんの口の中の状態や処置内容、居宅系施設の入所者の数などにより差が発生するため、詳しい金額については患者さんごとに細かく異なります。

しかし介護保険が適用となれば1割負担に抑えられるので、患者さんご自身やそのご家族の負担は軽くなります。

介護保険による訪問診療は医師の場合で月に2回まで、歯科衛生士の場合は月に4回利用が可能となり、1回あたりの金額も比較的低料金で抑えることができます。

タクシーや自家用車などを使う通院治療に比べて費用がかからないことや、介護保険内に収められるといったメリットが期待できるため、介護保険の適用が可能な訪問歯科診療サービスがおすすめです。

ただし介護保険の適用には、患者さんが要介護もしくは要支援認定を受けており、自宅や居宅系施設に入居していることが条件となります。

また、介護保険を利用するにあたり、利用者から同意が得られていること、居宅療養管理指導を適切に受けていることなども必須の条件となりますので、事前に介護保険の利用条件を満たしておかなければなりません。