HOME » 頼む前に知っておきたい訪問歯科診療のQ&A » 訪問歯科のメリットはどんなところ?

訪問歯科のメリットはどんなところ?

訪問歯科とは、医療機関で歯科治療を行う歯科医師や歯科衛生士が、患者さんの自宅や介護施設などに直接赴いて診察や治療を行うことです。

病院まで送り迎えをしてもらったり、タクシーを呼んだりといった手間がかからないため、病気療養中や寝たきりの状態でも歯科治療にかかることができます。

訪問歯科診療の対象者は、病院に通院が困難な方と決められています。通院が困難な高齢者の方でも安心して治療を行うことができ、病院と自宅の往復の手間がかかりません。

通院が不要であるということが訪問歯科の主なメリットとなりますが、患者さん本人だけでなく、家族などまわりの介護者の負担も減らすことができます。

第二のメリットとして、受診機会を逃さずに継続的に治療にかかれるという点が挙げられます。一般的な歯科治療では、患者さん側のスケジュールや通院の手間などによって、病院から足が遠のくといったケースが少なくありませんが、訪問歯科にはその心配がありません。

受診機会を失ってしまうと、虫歯や歯周病など治療中の症状がさらに悪化する可能性があるため、できるだけ治療を始めた後は継続的に通院をする必要があります。訪問歯科の場合には、医師自ら定期的に患者さんの元を訪問するため、受診機会を失ってしまう心配がありません。

第三のメリットとして、訪問歯科治療では患者さん一人一人への細かなケアが可能となります。

歯科医院では次々とやってくる患者さんを診るため、治療に充てられる時間が限られていますが、訪問歯科では治療時間をスケジューリングすることができるため、時間内において必要なケアや診察を行うことができます。

要介護の高齢者の場合、体が不自由であるために歯科治療にかかれないといった方が少なくありません。「硬いものが食べられなくて困っている」「歯がぐらぐらする」など、一人一人が抱える悩みの内容も異なります。

訪問歯科診療では、そのような悩みを細かくヒアリングしながら治療を行うため、患者さんごとのオーダーメイドの治療が可能になります。

歯科医院への通院が困難でも、その場で治療を行うことができますし、必要に応じて入れ歯の作製やメンテナンス、修理などにも対応するため、一般的な歯科医院への通院とほとんど変わらない治療が受けられます。

第四のメリットとして、訪問歯科診療では、高齢の患者さんや体の不自由な患者さんに対して、それぞれの体の状態を鑑みたケアを行います。

誤嚥による肺炎の予防や口腔内のリハビリテーションなどを行う訪問歯科もあります。治療の方法は、それぞれの訪問歯科医院の方針によっても異なりますが、利用者の体のコンディションに合わせて無理のないようにすすめていきます。

また、患者さんの自宅における訪問歯科では他の患者さんと顔を合わせる心配がないため、患者さんは難なく医師にお口の悩みを相談することができます。「まわりの目を気にしなくて良い」という点についても、患者さんにとっては大きなメリットではないでしょうか。