訪問歯科とは?

訪問歯科とは、その名の通り歯科医や歯科衛生士があなたのお宅に直接訪問し、歯の治療をしてくれるいわば「デリバリーの歯医者さん」。誰でも使えるわけではなく「身体が不自由で通院できない人」「歯科医院から半径16キロ圏内」と利用条件は厳しく定められています。

歯科医や歯科衛生士が直接家に来て、その場で治療を実施

健康な人なら歯が痛くなったら急いで歯医者に行く事ができますが、身体が不自由な人はそれすらも中々難しいもの。歯医者に行くだけでも大変、待合室で待つ事が難しい、骨格の関係でユニット(歯科にある治療用の倒れる椅子)が利用できない、など多くの問題があり、通院は難しいでしょう。

そんな方が利用するのが「訪問歯科」です。歯のことで悩みがあっても、通院が困難となっている正当な理由がある方を対象に、歯科医師や歯科衛生士が患者さん宅や施設に訪問して治療してくれます。

歯が痛くなった、入れ歯が合わなくなったなどの急な依頼で駆けつけるのが「往診」、日時を決めて定期的に訪問しケア・治療を行ことを「在宅診療」と呼ぶそうですが、どちらも歯科医が来てくれることには変わりありません。

一般的には「医師1名、歯科衛生士1名」で訪問してくれるスタイルが多いようです。医院によってドクターのみだったり、管理栄養士や理学療法士も同行するなど、スタイルが異なります。

訪問歯科を利用する条件

訪問歯科は、「行くのが面倒」「時間が無い」からといって利用できるものではありません。利用できる条件は、厚生労働省によってきちんと決められています。

  • 常時寝たきり、またはこれに準じる状態
  • 自宅、社会福祉施設等で療養を行っている

これらの用件に当てはまっている場合は、たいてい「要介護認定」を取っていると思いますので、依頼時には介護度を伝えるとスムーズにいくと思います。また、ケアマネージャーから訪問歯科の受診を勧められることも多いです。

上記を満たしていたとしても、「特定の歯科医院に依頼したい!」という希望は通らない事があります。

なぜなら、「訪問する歯科医院から半径16キロ以内に自宅や施設があること」という決まりがあるのです。この制限をなくしてしまうと、医師の移動時間ばかりかかってしまい、肝心の治療がおろそかになるケースが考えられます。また、1日に診られる患者さんの数がぐんと減ってしまうのです。その結果、来て欲しいときに来てくれない・予約もずっと先まで取れない状態になってしまいます。

どんなに評判の高い訪問歯科があったとしても、16キロ圏内を超えているなら残念ですが諦めましょう。

また、16キロという制限以外に各歯科医院が独自に地域の基準を設けており、だいたいどの医院も10キロ以内ぐらいの距離が設定されていますので、対応地域かどうかもきちんと確認しておきましょう。