HOME » 頼む前に知っておきたい訪問歯科診療のQ&A

頼む前に知っておきたい訪問歯科診療のQ&A

介護中にトラブルが頻発する場所といえば「歯」。でも歯科医院には通えない…そんな時に利用するのが訪問歯科です。どのぐらいの費用がかかるのか、利用するのに条件はあるのか、など診療に関する様々な疑問はここですっきり解決しましょう!

訪問歯科を積極的に利用していこう

寝たきり高齢者の介護でパッと想像がつくのが「食事」「入浴」「トイレ」の介助。そして、意外と忘れがちなのが「口腔ケア」です。パッと目に見える部分ではないので後回しになってしまい、虫歯が痛んだり、歯周病で歯が抜けてしまったり、入れ歯が合わなくなって食事を食べなくなってしまいます。寝たきりになって初めのころはほとんど症状がありませんが、1ヵ月ほどすると多くの方が口内の異変を訴えるといわれています。

訪問歯科とは?

訪問歯科とは、その名の通り家や介護施設まで直接来て、歯や口腔内のトラブルを解消してくれる歯医者さんのこと。寝たきりの方、身体が不自由で歯科医院まで通って治療が受けられない方が対象になります。

訪問歯科に力を入れている医院では、レントゲンや内視鏡などの機器も豊富に取り揃えているため、歯科医院とほぼ変わらない治療が出来ます。

訪問歯科についてもっと詳しく>>

どうやって呼ぶの?

「ケアマネージャーさんが紹介してくれた」という理由で、紹介してもらった歯科医院にそのままお願いするケースが多いですが、歯科医院によって先生&歯科衛生士さんの知識・技術、別角度からのサポート(食事やリハビリ)の有無、いざという時に駆けつけてくれるスピードが異なります。

訪問歯科を選ぶ際は、言われるがままではなく「どんな要素が欲しいか」をしっかり考えて、選ぶようにすると後々の介護がぐんと楽になります。

訪問歯科の呼び方・選び方についてもっと詳しく>>

診療料金は?

「医師を家にわざわざ呼ぶのだから、高いんでしょう?」という認識の方も多いですが、治療は医療保険適用で1割負担ですし、訪問費用は介護保険が適用されます。実質払う額は通院する場合と比べても、400円~1,500円程度の差しか発生しません。

また、お礼や交通費なども一切必要ありませんので、安心して利用できます。

訪問歯科の診療料金についてもっと詳しく>>

どんな人が訪問してくるの?

訪問歯科で一番多いのは「歯科医1名+歯科衛生士1名」の組み合わせで、なかには「歯科医1名のみ」で行なっている歯科医院も1割程度あるようです。

また、最近では、歯科医師が高齢者医療に関する知識を持ち合わせていたり、管理栄養士や理学療法士が食事改善やリハビリのサポートをしてくれるなど、単なる歯科治療に留まらないケースも増えて来ました。

歯科往診に来てくれる人についてもっと詳しく>>