HOME » 【特集】高齢者口腔ケアの重要性 » 死に至る可能性も・・・誤嚥性肺炎とは

死に至る可能性も・・・誤嚥性肺炎とは

高齢者の死因のうち、意外にも上位に数えられているものが「誤嚥性肺炎」です。

通常の肺炎とは異なり、ものを飲み込む際に誤って肺に食べ物などが入ることで、細菌による炎症が起き、そこから肺炎を発症します。

ここでは誤嚥性肺炎の仕組みや危険性、治療方法などについて詳しく紹介しています。

誤嚥性肺炎とは

誤嚥性肺炎とは、食べものを飲み込む際に必要な嚥下機能が正常に働かず、口から食道に入るものが気管から肺に入り、炎症を起こしてしまうトラブルです。

高齢者がかかる肺炎の多くがこの誤嚥性肺炎であるといわれていますが、嚥下機能に何らかの障害が起きるために、唾液や食べ物が口の中にいる細菌を肺に運んでしまい、そこから肺炎を発症します。

高齢になると口腔内のケアが不十分となり、そこから口の中に細菌が増殖しやすくなります。ここで誤嚥を起こすと、増殖した細菌が気管から肺に入り込み、誤嚥性肺炎へとつながります。

また、寝たきりの状態になると、気管に異物が入った際の「咳反射」機能が低下するため、嚥下がしにくくなります。その結果として、口腔内の細菌が肺に入り、肺炎を発症しやすくなるおそれも。

誤嚥性肺炎は発熱や咳が頻繁にみられ、痰を吐くなどの症状がみられます。それ以外にも食欲の低下や喉の異音がみられる場合もあります。

どのような危険性がある?

高齢者の誤嚥性肺炎は、肺炎の慢性化や重症化の危険性があります。

通常、食べ物が気管に入ると咳をして気管からものを排出する咳反射が起こりますが、この機能が低下することで気管に入ったものが外に出せずに、肺炎につながります。

誤嚥性肺炎の慢性化とは、一度治ってもまた何らかのきっかけで誤嚥を起こし、肺炎を繰り返すことです。

誤嚥によってダメージを受けた気道粘膜が修復しづらくなり、その結果として粘膜の感覚が鈍り、誤嚥をしても咳が起こりにくくなります。この状態が続くと肺炎を起こすリスクがアップします。

さらに肺炎が重症化すると、今度は呼吸困難の症状をきたすなどして、死につながるおそれがあります。

慢性的に発症する誤嚥性肺炎は、予後不良にもつながるおそれがあり、重症化するリスクを高めます。

食べ物を食べていないのに誤嚥性肺炎を起こすこともあるため、慎重に症状を見極め、治療を行っていかなければなりません。

治療するには?

誤嚥性肺炎の治療は、原因となっている細菌を取り除くための抗生物質の投与が基本となります。

すでに肺炎によって呼吸不全に陥っている場合には酸素吸入を行い、重症化している場合は人工呼吸器を装着します。

呼吸状態や治療の予後不良がみられる際には入院をして治療を続け、口腔ケアや嚥下指導もあわせて行います。また、嚥下障害につながる薬を飲んでいないかについてもチェックを行います。

いずれかの治療に効き目がみられれば、一般的な誤嚥性肺炎は治りますが、慢性的に繰り返す場合は注意が必要です。日常生活の中で、誤嚥性肺炎につながる根本的な原因を見極めて、対処していかなければなりません。

誤嚥性肺炎は再発を繰り返すことで抗生物質が効きにくくなる「耐性菌」が発生するため、治療が徐々に効きづらくなるおそれがあります。まずは誤嚥性肺炎が慢性化しないように、日常生活からケアを続けていく必要があります。

未然に防ぐためにも、定期的に歯科医で検診を

誤嚥性肺炎は加齢とともに自然に現れるとされていますが、それ以外にもストレスや喫煙習慣など、さまざまな原因によって口の中が乾燥し、そこから誤嚥につながる場合があります。

未然に防ぐためには普段から口の中を清潔に保つケアを行い、誤嚥を起こさないように嚥下を正しく行うリハビリテーションを加えていくようにします。嚥下機能を改善する薬を服用する方法も有効です。

普段から意識的に口の中をチェックしておくことはとても重要ですが、自分ではなかなか気づかない虫歯や歯周病が隠れている可能性も。

口腔内に細菌が増えていると、誤嚥をした時に肺炎を発症するリスクが上がるため、定期的に歯科で検診を受け、口の中を清潔に保つようにしましょう。