HOME » 【特集】高齢者口腔ケアの重要性

【特集】高齢者口腔ケアの重要性

しっかり物を噛むことで脳は活性化し、老化・痴呆を遅らせる事が可能。しかし、身体が不自由で通院困難な方ほど他の介護に時間がかかり口腔ケアはおろそかになるものです。訪問歯科を依頼して、定期的に口腔ケアを続けることで身体と心の健康維持ができます。

歯を健康に保つことで、高齢者の生活の質が向上する

年を取るにつれて歯や歯茎はどんどんと劣化していき、徐々にぐらぐらしたり、抜けたりして使いづらくなっていきます。まだまだ元気な高齢者は自分で口腔ケアをしたり歯科に通う事ができますが、介護が必要な高齢者になると、ケアを行うのが難しくなります。日常生活の補助に加えて口腔ケアをしっかり行うのはとても大変です。

しかし、歯を健康に保つことは、身体や脳の健康に大きく関与してきます。

食事を毎日の楽しみに

噛む力が弱くなったり、歯がなくなってくると徐々に食材は柔らかく、形が無くなっていきます。最終的には何が入っているか良く分からないペースト状に…。これでは毎日の食事に楽しみが見出せず、生きる気力が徐々になくなってきます。やはり、しっかりと形のあるものを食べられる、という環境は人間らしく生きる上で大切なことなのです。

感染症などの病気を防ぐ

虫歯や歯周病などの歯科疾患、カンジダ性口内炎など口腔感染症を予防できます。また、口内細菌を減少させることで誤嚥性肺炎や全身感染症も予防できます。

骨や筋肉のバランスを保つ

噛めなくなると、顎の筋肉が衰えて小さくなります。また、歯を使わないため歯並びが悪化し、口腔ケアをしてもキレイにしきれず、虫歯が出来てしまいます。

脳を刺激して老化を防ぐ

咀嚼(そしゃく)機能には、歯・唾液分泌・舌運動・咬合力が関与しています。嚥下(えんげ)機能には、口から咽頭まで食べ物を運ぶ役割があります。これらの命令は、脳のかなり広い範囲を使って出されているため、噛む力が弱まってくると脳を使う範囲も減り、機能低下を招きます。

しっかり噛んで食べることは、老化防止・痴呆防止にかなりの効果を発揮します。そのためにはまず「噛める環境」を整えてあげる事が重要です。

運動能力を高める

噛む動きだけでも、多くの筋肉を動かす事ができ、運動に繋がります。噛み合わせのバランスを保つことによって、身体のバランス感覚も正常に保つ事ができ、歩く・立つといった動作にも影響を及ぼします。

訪問歯科の先生に来てもらう事が刺激になる

上記で紹介したのは、歯を健康に保つことで得られる効果ですね。それに加えて、訪問歯科の先生に定期的に来てもらうことでも高齢者にとっては様々なメリットがあります。

まずは、歯科治療のために口を大きく開く、いつもとは別の体制をとる、などの軽い運動ができます。また、普段の生活には居ない人間(歯科医師)と会話することが脳への刺激になるほか、気分転換や心のケアに繋がります。

費用は医療保険や介護保険が適用されるので、さほど高くはありません。いつまでも健康で長生きして欲しいなら、積極的に訪問歯科を利用して口腔ケアをしていきましょう。