HOME » 在宅歯科の診療内容まとめ » 虫歯・歯周病の治療

虫歯・歯周病の治療

どれだけ歯を健康に保っていても、年とともに歯茎は下がり歯周病が進行していくもの。その結果、本来は隠れているはずの歯根部分が露出し、虫歯になってしまうケースが多いです。特に介護が必要になってくるとオーラルケアがおろそかになるケースが多くなってきます。

訪問歯科で家に居ながら虫歯・歯周病のケア

1989年より厚生省(当時)と日本歯科医師会が「8020運動(80歳になっても20本以上自分の歯を保つ)」を開始して30年弱が経過し、以前より自分の歯を維持できている高齢者が増えてきています。それに加えて予防歯科の概念もかなり浸透してきており、定期的に歯科医院に通っている方も多いです。

しかし、身体が思うように動かなくなったり、車椅子や寝たきりになってしまうと状況は一変。自分では歯磨きが満足に出来なくなるだけでなく、老化による変化と相まって虫歯や歯周病のリスクがぐんと上昇してしまいます。

老化と歯周病と虫歯の関係

歯周病は、実に日本人の80%がかかる病気です。進行の推移を見てみましょう。

歯肉炎の段階 歯の表面に歯垢がつきますが、自覚症状はありません。
軽度 歯垢の影響で歯茎が赤く腫れだし、歯磨きで出血するように。
中度 歯がぐらぐらし、口臭や不快感などが現れてきます。
重度 歯肉が化膿し、歯を支える骨(歯槽骨)が溶け、最終的に歯が抜けてしまいます。

もしこれまで歯周病にかかっていなかったとしても、高齢になると免疫力が低下して、かかりやすくなります。さらに、唾液の分泌量が減る・新陳代謝が衰えることから進行も早まります。特に歯磨きが出来ない状態(鼻や胃ろうからの栄養摂取が長期化している、認知症で歯磨きさせてくれない、など)では、かなりの速度で進行していきます。

また、歯周病や加齢で歯茎が下がると、これまで露出していなかった歯の根元部分が出てくることになりますが、この部分は表面に出ていた部分のようにエナメル質が硬くないため、虫歯菌が入り込みやすく進行が早いです。さらに、かぶせ物をしている歯はより虫歯になりやすいというデータも出ており、注意が必要です。

つまり、介護が必要な高齢者ほど虫歯・歯周病リスクがかなり高い、ということです。

通えないなら在宅で診てもらおう

元気な高齢者ならば、自分で歯科医院に通って定期的に検査やクリーニングをお願いできますが、身体が不自由な場合はそうもいきません。そんな場合には、訪問歯科を利用しましょう。

訪問歯科を実施している医院では、患者さん宅でも病院と同じぐらいのレベルで虫歯・歯周病治療が出来るよう、歯を削るドリル、歯垢を取る超音波クリーニング装置、X線装置、エコー検査器具など、ポータブル用の歯科治療設備を豊富に取り揃えています。

歯を健康に保っておくことで、

しっかり咀嚼できる→脳が活性化される→老化・痴呆の予防改善ができます。

歯科医と話すことで心のケアにも繋がります。介護は大変な事が多々あるためオーラルケアまで手が回らない…。だからこそ、きちんと専門医に見てもらい健康を保つことが重要なのです。