HOME » 在宅歯科の診療内容まとめ

在宅歯科の診療内容まとめ

1人で外出するのは難しいけれど、歯の治療を受けたい…という方が利用する在宅歯科。一体どこまで治療をしてくれるのでしょうか?高齢者の歯科・口腔トラブルに多い、義歯(入れ歯)、嚥下障害、虫歯や歯周病の治療について解説します。

在宅歯科で受けられる歯科治療一覧

在宅歯科(訪問歯科)では、家に歯科医の先生が直接来て、その場で歯を治療してくれます。当然ですが、歯科にある大きなユニット座席や高性能な大型マシンなどは持ち運べないため、自宅のベッドや椅子での治療となるため、通常の歯科治療よりは簡易的なものなのでは…?という認識の方も多いと思います。

実際はそんなこともなく、訪問歯科でも歯科医院と同様のレベルで治療を受ける事ができます。

義歯(入れ歯)の修正

訪問歯科は主に高齢者が利用しており、義歯(入れ歯)の調整や作成の依頼が実に5割以上を占めています。そのため、義歯関連の治療機材はどの訪問歯科も充実しており、痛みや違和感、微調整などは随時対応。長く使い続けると土台となる歯茎や歯の形も変わってくるので、定期的に訪問してもらいましょう。

義歯(入れ歯)の修正について詳しく>>

嚥下障害の治療

年を取ると食べ物が飲み込みにくい、つかえるといった嚥下障害にも悩まされる事が増えてきます。嚥下障害の治療に力を入れている訪問歯科では、専用のポータブル内視鏡を用意していたり、医師だけでなく食事指導やリハビリ指導のために理学療法士・管理栄養士も一緒に訪問してくれるところもあります。

嚥下障害の治療について詳しく>>

虫歯・歯周病の治療

もちろん虫歯や歯周病などの一般歯科診療も、手軽に持ち運べる機器で充分に行える設備が整っています。介護状態の高齢者は歯磨きが満足にできない事も多いため、虫歯や歯周病になるリスクが跳ね上がりますので、虫歯の有無確認は定期的にしておきましょう。

虫歯・歯周病の治療について詳しく>>

食事改善・リハビリ

訪問歯科の先生は高齢者医療に長けているため、歯や口腔内の治療だけではなく、いつまでも自分で形のある食事を取れるようにするリハビリ等も実施してくれます。管理栄養士や理学療法士がしっかり寄り添って、幅広い高齢者医療のサポートをしてくれる歯科医院がおすすめです。

食事改善・リハビリについて詳しく>>